image

今日は妊婦さん対象のとこちゃんベルトの付け方講習会でした。

改めて再確認したことは、
ベルトを正しくつけると効果抜群!

参加された妊婦さんに正しいベルトの位置や強さを講習し、練習して頂き、ベルトをつけたまま部屋の中を歩いてもらいます。

トコトコ トコトコ
ぐるぐる ぐるぐる

とにかくベルトをつけて歩いてもらいます。

10分くらい。

講習会が終るまでに骨盤(お尻)の形がかなり変わっていました。

どんどん小尻に!そして姿勢が良い!

妊娠26週までにベルトをつけはじめるとかなり安産率が上がるらしいです。

切迫早産や逆子、妊娠中の激痛の方が増えています。

原因は骨盤の開きすぎ、緩みすぎなことが多いです。

なので、開きすぎている骨盤が改善すればトラブルも改善します。

もしベルトを使用するならば、正しい付け方が大事です。
間違っていると効果的にもったいない!
ひどい場合は逆効果、なんてこともあります。

正しい付け方の目安としては、
これはかなり大事なことですが、
それは、”快” であるかどうか。

からだが、”快” と感じているかどうか、からだの声を聞きましょう。

*前側は、ベルトの下のラインが自分の股上1~4センチ以内にくる

*後側は、ベルトの下のラインが太腿とお尻の境目あたり。
お尻のお肉がベルトの上の方に集まる感じでお尻を持ち上げるイメージ

*ベルトの強さ
強い方がいい、弱い方がいいと言うことはありません。
自分が気持ちいいと感じる強さがいいです。
つまり、”快” です。