*”出っ尻” で、常に前に重心があって疲れやすい。
*太ももの外側や前側が張って太くなったら、
*お尻が大きくなった。

産後の方の悩みです。

妊娠中はお腹が前に大きく出るのでバランスをとろうと腰が鋭角に曲がりお尻が出っ尻になりやすい。

産後、とくにケアをしないままその体型でいるため、痛みがでたり体重が戻らなかったり。

出っ尻、反り腰は腹筋を弱めます。
腹筋がしっかり働かないと骨盤は歪みやすくなります。
骨盤のゆがみはさまざまな不調の原因になります。

施術で歪みを整えて、重心も正しく戻すと痛みも解消して体も軽くなります。
あとは、弱った筋力を戻すように自己ケアが必要です。

とくに産後は腹筋や骨盤底筋のエクササイズがオススメです。

腹筋をする筋力もないと言う人もいますが、
激しい筋トレでなくても姿勢をキープする筋力はつきます。

あばら骨が出っ張るくらいお腹を凹ましてキープ!
トイレを我慢するときのイメージでキュッと締めたままキープ!

これだけでもエクササイズです。
立ったままできて、いつでもできるので、続けやすいです!