image

以前整体させて頂いた、切迫早産のため自宅安静だった方から、
無事に出産しましたと連絡を頂きました。

本当によかったです!

最近は、
切迫早産で入院されたり、自宅で安静に(トイレ入浴以外は横になっててください)と、言われる方が増えているようです。

なぜ、切迫早産になってしまうのでしょうか。

病的な原因としては、
子宮筋腫、子宮頸管無力症、
前置胎盤、子宮奇形  など。

それ以外にストレスが原因のことも多いです。

無事に出産されたこの方もそうでしたが、
出産ギリギリまでお仕事をされる妊婦さんが増えています。

みなさん、頑張っているんですね~(^^)

ただ、
やはり心身ともにストレスが溜まりやすく、疲れやすい環境にあるわけですから、その分リスクも増すわけです。

とくに、
立ちっぱなしや力仕事などお腹に力が入るようなことは、
子宮収縮を起こしやすく、切迫早産の危険性も高くなります。

これは、お仕事をされていない妊婦さんもそうですね。

全くやってはいけないと言うことではなく、周りの人に助けて貰いながら無理しすぎないことが大切です。

また、
骨盤周りの緩みから、赤ちゃんが下に降りてきてしまうことも切迫早産の原因のひとつです。

子宮収縮が起こり、赤ちゃんが下りてきて、子宮頸管が短くなっていきます。

なので、
骨盤高位の体勢で下がりすぎている赤ちゃんや内臓を戻してあげるといいです。

そうすると、
胎のうの形も良くなり、お腹の張りもおさまってきます。

ベルトを使って骨盤が開きすぎないようにするのも大切です!

妊娠中に施術させて頂いた方から、出産の喜び報告は本当に嬉しいものです。

切迫早産で不安な方のお力になれますように、
ますます頑張ろ!って改めて感じました。

ありがとうございました☆

(写真のパイナップルは頂いたものです)