妊娠中または産後の方の、
座骨神経痛の整体の話です。

昔から座骨神経痛に悩まされていて、
妊娠や出産したことで更に症状が強くなったりぶり返したりする場合、
または妊娠を機に初めて症状が出る場合もあります。

なぜか。

妊娠をするとリラキシンと言うホルモンの影響で関節や靭帯などが緩みます。
すると、体はグラグラと不安定になり、骨や筋肉が神経にさわり痛みや痺れがでるのです。

また、姿勢も関係あります。

お腹が大きくなるとバランスをとろうと骨盤の角度も変わります。
その結果神経をさわり、座骨神経痛の症状がでるのです。

座骨神経痛の症状は、
歩行・寝返り・動作の始めなど日常生活にかなり影響するもので、
みなさんお辛い日々を送られています。

座骨神経痛の整体としては、
グラグラになった関節を支えようと固くなった筋肉を緩め、
ホルモンの影響で開きすぎてしまった骨盤の調整をすることによって、
痛みが減っていきます。
(妊婦さんの場合はお体の安全が第一です。)

ご自分でできることでは、
ストレッチと筋肉の強化です。
が、妊婦さんは体に無理のないやり方で、お尻や太股のストレッチがオススメです。
(慢性的な座骨神経痛の場合のみ)

また、骨盤ベルトを使用して骨盤の緩みを支えてあげることも症

状の緩和に繋がります。

**出張整体**
流山市→北区