妊娠中のお尻の痛み、
妊娠中の太ももの付け根の痛み、
妊娠中の歩きにくさ、
を我慢してそのうちに激痛になり、
中には動けなくなる方も。

そして産めば治るはずと、出産が終わるまで
我慢している方がけっこういます。

それが出産を終えても痛みが減らない。
赤ちゃんのお世話や日常生活にも支障があるので、
何とかしてほしいと、”藁をも掴む思いです” と言われることが少なくありません。

まずは、妊娠中からのケアが大切です。

妊娠中の痛みは、仙骨付近や恥骨付近、鼠径部辺りに痛みが出ることが多いです。

たいてい、骨盤が出産に向けて緩み開いていくのが原因です。

骨盤が緩むと骨盤と繋がっている背骨もぐらつきます。
背骨がぐらぐらだと立っていられません。
なので、
そうならないように背骨の周りの筋肉は背骨を支えるようにかたくなります。

そして、骨盤の緩みは背中のかたさや肩首のコリも引き起こします。

背骨が柔軟性を失うと振動や重力は吸収されることなくダイレクトに腰や股関節、膝などに伝わります。

すると負担のかかってるところに痛みや疲れがでてくるわけです。

なので、
そもそもの原因の緩みすぎている骨盤を支えてあげる必要があるのです。

もちろん、支えられるだけの筋力があればいいのですが。
(それだけの筋力があれば骨盤が開きすぎることも少ないです!)

みなさんベルトやさらしを使うことが多いです。

正しい位置にベルトやさらしをすると “気持ちがいい” と感じます。
そして姿勢が良くなるので “歩きやすい” です。

睡眠時もつけたままでいいので、
寝返り時の痛みも軽減し、寝返りしやすくなります。

また、頻尿や尿もれも減りますのでこれも嬉しい効果です。

骨盤の開きは、冷えの原因でもあります。
冷えてむくみやこむら返りで辛い方も多いので、開きすぎないようにケアが必要です。

すでに激痛がある場合はベルトやさらしだけでは効果が感じられないこともあります。

その場合は施術をして、その後ケアをしていくといいです。

施術は開きすぎの骨盤調整になりますが、
妊婦さんの施術は赤ちゃんの安全性が第一です。

なので、無理なことや痛いことは致しません。

ただやはり、まずは痛みが出ないよう自己ケアで守ることが大切です。

そして痛みが出ても痛みが少ないうちに早めに対処して、
我慢で辛い毎日にならないように、
妊婦生活を楽しんでください☆

**出張整体**
松戸市