子供が足の痛みで立てなくなってしまいました。
激痛で布団で横になっていてもねむれません。
泣きながらようやく立っても歩けません。

昔から足はよく痛いと言っていましたのでその度に整体をして痛みがなくなる、また痛くなれば整体をして痛みがなくなる、の繰り返しでした。
が、ここまでの激痛は初めてでしたし、突然のことでした。

持病があるので、その関係で痛みがでているのではと病院で検査をしましたが、とくにそう言ったこともなく。
大きな病院でしたので、整形外科や小児科などに回され検査を受けましたが、とくに原因は見つからず、とりあえず松葉杖を貸し出されました。

持病と関係ないと分かれば、整体で何とかしようと、昼夜問わず時間を作って子供の体を触る毎日が続きました。

少しずつ効果が出て何とか歩けるようになりましたが、びっこを引きながらでしたし、しばらく歩いているとだんだん痛みが強くなってくるので、とても1人では学校にも歩いて行けない状態です。

びっこを引いていることや痛い方の足をかばっているせいで、体のバランスはなかなか改善せず、見た目は背骨がくの字に曲がり、立ち上がっても腰はお年寄りように前屈みになったまま伸ばせず。

本人も、脳から命令しても足が動いてくれない、
まっすぐってどうやるのか忘れたかもと言っていました。

何日目かにうつ伏せで施術をしていると背骨も筋肉の状態もつやなどもスゴく良くなり、やっとまっすぐ立てるかも!と期待して、
子供に立ってもらいました。
が、かなり良い状態にはなっていましたが、まだ少し腰が折れていましたし、足の痛みもある状態でした。

子供が痛がっている、苦しんでいる姿と言うのは親にとっては本当に辛いものです。

全身のバランスを整えてもすぐに戻る、また整えて、でも戻る、これをいろいろな方法で繰り返しながら状態が良くなったところを最後は股関節の歪みを調整して、今回は改善しました。

そのあともしばらくは毎日整体を続けて、また、痩せてしまっていたので食事にもいつも以上に気を配りながら、
ようやく完全復活!しました。
(体の状態、姿勢などは以前よりかえって良くなって今は予防に励んでいます)

今回のことを通して、今まで以上に痛みにしっかり向き合って、辛い思いをされている人の力になれるような整体をしようと強く思いました。