レントゲンでは恥骨結合離開とは診断はでなかったが、症状としてはとても近い(酷似)ものがある患者さん。

赤ちゃんの頭が大きく、出産の進みも早いと言うのは、やはり恥骨への負担が大きくかかり、痛みやズレ、開きなど母体に影響があるようです。

足が動かず、体を動かせない、ほぼ寝たきり状態で、車イスや杖などを使って移動する。

着替えやトイレなどは痛みを堪えながらなので、時間がかかる。もしくは、情けないと感じながらも、身内に手伝って貰ったり、お願いしたり。

骨盤は不安定な感じがし、恥骨は開きを感じる。歩きづらい。足が上がらない。寝返り激痛。

今日の方は、前回の出産のあとからお尻に強い痛みがあり、その痛みが治るまえに今回の妊娠~出産を迎えたそうです。

お尻の痛みとり、骨盤の歪み調整、股関節の可動域UP、上半身を緩める。ことで、歩きやすくなられたようでした。

産後は毎回、歪んだ骨盤を整えて体重体型をもどすことは、次回の出産のためにも大切です☆