恥骨結合離開の患者さんで、そうはっきりと診断された人もいれば
、痛みでレントゲンを撮りに行くこともできず、出産したところでも特に何かアドバイスをされたわけでもない人も多くいます。

私たち整体師は医者ではないので病名をつけたりすることはありませんが、

やはり同じ症状の人達は共通点があったり似たところがあります。

恥骨結合離開の人では、赤ちゃんの頭が大きい、出産の進みが急激に進んだ、なかなか生まれず押したり引っ張ったりして強引に出したなどが多いです。

あとは、第一子目の出産である人が多いです。(もちろんそうでない人もいますが。)

離開した恥骨は、ほっておいても自然に締まるだろうとは思います。が、あの激痛や行動制限で何もできない状況を何ヵ月も一年もと言うのは、本当に大変です。

整体は体が治りやすい状態を提供するものです。
それが整体の効果のひとつです。

少しでも早く改善するために良い状態を保つことは大切です。

出産当日から2ヶ月ほどでほぼ通常の生活がおくれるようになった患者さん、笑顔が増えて本当に良かったです☆

最初はどうなることかと思いました!と振り返っていらっしゃいました。