更年期とは卵巣機能が衰え始め、

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少する

閉経前後の期間のことを言います。

40歳半ば~50歳頃からが多いですが、

最近では30歳ぐらいから症状が出始める、

若年性更年期障害も増えています。

原因としては、

⚫ホルモンバランスの乱れ

→エストロゲンの分泌量が減ると

脳は卵胞刺激ホルモンを分泌し、卵巣からエスト

ロゲンを分泌するように盛んに促します。

しかし更年期の卵巣はエストロゲンを必要量分泌

することができないため、ホルモンのバランスが

乱れてしまうのです。

⚫生活のリズムの変化

→更年期の時期は、子供の独立・夫の定年・親の介

護など生活のリズムが変化することが多く、

こうした家庭や社会環境の変化からストレスが

増加しそれが原因で症状が現れることもあり

ます。

症状としては、

⚫全身症状

→胸の痛み、めまい、肩こり、腰痛、手足のしびれ、むくみ、頭痛、吐き気、など

⚫自律神経失調症状

→ホットフラッシュ(顔のほてり・のぼせ)、発汗、など

⚫精神症状

→憂うつ、イライラ、不安、神経質、睡眠障害、記憶力の低下、など

症状には個人差があり、ほとんど気にならない人

もいれば日常生活に支障をきたす程の人もいま

す。

◆施術でも症状の緩和が期待できます☆ご希望の場合はご連絡ください(^^)