生理痛の原因と軽減策について。

原因→
冷え、骨盤の歪み、ストレス、
子宮の出口が狭い、プロスタグランジンの量が多い など。

プロスタグランジンと言う物質は、
子宮内の膜がはがれ体外に出すときにスムーズに流してくれる
役目をしてくれるもの。

ただそれが過剰に分泌されると子宮の収縮が激しくなり、
痛みを強く感じる。

また、
プロスタグランジンは肩こり頭痛吐き気などの症状も引き起こし、
この物質の量が多い人ほど
不調度が強くなります。

生理痛用のくすりは、この物質の生成を抑えるものが多いです。

では、くすり以外での生理痛軽減策はなにか→

冷え、骨盤の歪み、ストレス、いずれも
血行を悪くしてしまい
骨盤内にプロスタグランジンが滞ってしまう原因に。

これは女性の生活スタイルの変化が引き起こしているとも
言えます。

仕事や仕事と家事の両立などによる
ストレス。
運動不足、長時間同じ姿勢でいることなどで骨格が歪む。
自律神経の乱れやファッションなどによる冷え。

逆に言えば、
自分の生活スタイルを見直すことで、
くすりにも頼らずに、あの辛い生理痛が楽になるのです。

冷えやストレス、骨盤の歪みなどに対処することで生理痛を我慢する
のではなく軽減、改善していきましょう。
(病気が原因の場合は別です)

冷え対策としては、
薄着、締め付けの強い服装、
冷たい飲み物などを避けて、
バランスのよい食事、湯ぶねにつかる、しっかり睡眠をとるなどで
体内温度を上げる。

ストレス対策は、
リラックスタイムをもったり、
適度に体を動かすことでストレスをため込まない。

骨盤(からだ)の歪みは、
歪む姿勢をしない、歪んだら整える(整体、体操、ストレッチなど)。

今まさに痛い!人は、ツボ押しや
ストレッチがオススメ。

*ツボ
・三陰交→足の内くるぶしから指四本分上あたり。
・血海→膝のお皿から指三本分上あたり。少し内側。

少し痛いくらいの強さで押すと
いいです。

出産を機に子宮の入口が広がり
経血が流れやすくなり産後は生理痛が減ったと言う人も多いです。

みなさん本当に嬉しそう!

生理痛はなった人にしか分からない辛さがあります。

毎月のことですから、
できることから対策していきましょう。

**出張整体**
松戸市