寝る時が一番幸せ!
寝るの大好き!
趣味:寝ること!

など、寝ることが好きな人、周りにもいますが、それ以上に “眠れない”人が本当に多いです。
整体院に来られる人の7~8割は、睡眠に満足していない状態です。

 

【睡眠が大切な理由】

●疲労を回復させる手段

寝ている間は、カラダがリラックスし血行が良くなるので、カラダの修復や回復に最適な時間です。
脳を回復させるのも、唯一睡眠だと言われています。

●自律神経との関係

自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスで私たちは動いています。
活動すべき昼間に交感神経が優位になり、休むべき夜に副交感神経が優位になるのが自然ですが、
休むべき時に(回復すべき時に)休めず、カラダの修復がされないと、自律神経のバランスが
崩れてきます。

●ホルモンとの関係

睡眠中に関係するホルモンがあります。
「成長ホルモン」「メラトニン」「コルチゾール」

“成長ホルモン”は、
子供ももちろんですが大人のカラダの細胞再生にも不可欠なホルモンです。
疲労回復・肌細胞の修復・脂肪燃焼・からだの成長といった役割があり、
疲労・美容にも大きな関係があります。

“メラトニン”は、
睡眠中に増加するホルモンで、睡眠をコントロールしています。
さまざまな病気や老化の原因である活性酸素を除去してくれます。

“コルチゾール”は、
ストレスホルモンとも呼ばれ、大量に分必されると脳に悪影響を与えます。
深い睡眠時にはコルチゾールの分必が抑制されます。

 

【睡眠効果をあげる】

●睡眠時間は、ゴールデンタイムと言われる22時~深夜2時を含む7~8時間がいい。
●最後の食事は、眠る3時間前までには済ます。
●眠る環境は、真っ暗でもなく明るすぎることもなく、薄暗い程度がいい。
●入浴は、眠る1~2時間前までに、シャワーのみではなく湯船につかるといい。