最近、恥骨結合離開と診断された方やレントゲンは撮っていないが症状が恥骨結合離開と酷似している方などね以来が続きました。

みなさん、生活や赤ちゃんのお世話に支障がでるほどの、体の痛み、精神的な不安定さに大変お困りでした。

まず、ひ言えることは必ず改善するということ。
また、整体はからだが改善しやすい状態を提供するものなので、受ける受けないにかかわらず、まずは相談してみることもひとつの選択肢であるということ。

とくに、初めてのお産で恥骨結合離開を経験されるかたが多い気がします。
なので、余計に赤ちゃんのことや自分のからだのことなどに不安があると思います。

お困りの方は、まずは、是非相談してくださいね