今日の患者さん、

月に1~2回の施術で、今日は一ヶ月ぶりでした。

立っているときの正しい姿勢が分からないと

言うことで、話を聞いてみると、

立っているときはいつも片足を斜め前に出す

姿勢になってしまうとのこと。(片足重心)

その姿勢が楽で、両足を揃えて立つのは辛い

そうです。

立ったままのお体をチェックすると肋骨と骨盤

が歪んでいて肩の高さも違っていました。

その場で肋骨を整えると重心が変わり、足を揃え

て立っても違和感なしに。

片足重心が楽な場合、片足重心で長時間立って

るときやはり体は歪んできます。

両足の幅を少し広げて土台の面積を広く取ると

重心も安定します。

また、常に体に力が入っているタイプの人は

立っているとき膝裏がピーンと張っていて、

ふくらはぎや太ももに疲れがたまってくることが

多いです。

膝裏を緩めるように(力を抜くように)すると

他への負担も軽減します。

 

施術後は良いのですが、日々の生活の中で段々

姿勢や骨盤の角度などが分からなくなってくる

と言う質問もよくありますが、

目安として、骨盤の前側の出っ張った骨(ウエスト

ライン辺り)2点と恥骨の真ん中1点、合わせて3点

の高さが同じ面上にあるような骨盤の角度が

ニュートラルになります。

参考にしてください。