今日の患者さんの症状は股関節の痛み、可動域の狭さでした。

実は本人さまの感覚と原因が異なると言うことはよくあります。

この方の場合も股関節や骨盤の歪みも確かにありましたが、
骨盤を歪ませている原因は背骨にありました。

背骨がかたい。
柔軟性に欠け、骨盤がうしろに傾く傾向がつよい。

骨盤の動きがよくなり前に傾けると股関節の動きもよくなりました。

自己ケアとしては、
ヨガのポーズで言う”猫のポーズ”。

また、関節の動き改善にはやはり関節を動かすことが大切です。
痛みの出ない範囲で動かしましょう。
まわりの組織が緩んできます☆