産後の方の症状で多いものに、
腱鞘炎があります。

手首の痛みを訴える方が多く、
ひどい方は洗い物中にお皿を
持っていられず何枚も割ってしまったり。

そんな状態でも赤ちゃんを抱っこし、
お風呂に入れ、一日中お世話をしなければなりません。

ますます悪化する一方です。

イタリアンレストラン勤務で、
一日中フライパンを振っている
と言う方も腱鞘炎で悩んでおられました。

長年の痛みで手首から腕にまで
痛みが広がっていて、
湿布を貼ってなんとか誤魔化して
いる状態。

痛みがあるとそこをかばって
別のところが痛くなる。

なので、腱鞘炎をかばってからだの
あちこちが痛くなることも多いです。

そもそも、からだの使い方の偏りや疲労の積み重ねで腱鞘炎になるので、
整体の施術としては、
偏りによる歪みを整え、
からだ全体の疲労感を取り除いて
痛みのある部分になるべく
負担がかからない状態にします。

赤ちゃんのお世話では、
必要以上に手首に力が入っていたり、
ひねっていることが負担の原因に
なっていることがあるので、
抱っこのしかたや授乳時の姿勢について
アドバイスさせて頂きます。

自己ケアでは、
痛みのある部分以外(例えば、肩甲骨や
首など)を動かすといいです。

**出張整体**
松戸市