腹直筋離開の症状に気づき、施術を受け始めるのが産後数年経ってからと言う方は多いです。

腹直筋離開の患者さまの例。

⚫産後7~8年。症状は、お腹辺りの痛み。特に急激な動きをすると痛みが強い。

⚫産後2年。症状は、お腹がぽっこり出たままで、体重は戻ってもお腹だけは戻らない。

⚫産後3年。症状は、全身疲れやすく力が入りにくい。赤ちゃんを抱っこするのも難しい。

⚫産後2年。症状は、背中の痛み。横になると内臓が動く。産後から下痢気味。

⚫産後1年。食後は、骨盤の不安定感、痛み。疲れやすい。

⚫産後10ヶ月。症状は、食後はかなりお腹が出る。下半身が冷える。

⚫産後3年。症状は、腰痛。お腹の違和感。ぽっこりお腹。

 

共通のお身体の歪みとしては、

骨盤の歪み開き・肋骨の歪み開き・内臓下垂・肩~背中~腰などの張り

などがあります。

産後数年、十数年経過されている人は

やはり多少は時間がかかりますが、

全く改善しないと言うこともありません。

ベルトや体操や定期的な施術をすることで

お身体にだんだん変化が出てきます。

産後数年経っているともう遅いですか、と言う

ご質問を頂くことがありますが、あきらめず

継続していくことで効果が出てきます☆