子供たちとの遊びの中で、足の指でおりがみを折ろう!ってことになり、新聞紙を正方形にして鶴を折ることにしました。

足の指を動かすことは、脳にもいいし、体にもいいし、何より新鮮な感じで楽しい!

最初なかなか動きの悪かった足指も少しずつコントロールできるようになり。
細かいところはみんなで協力して、
ひとりが押さえて、ひとりが折り目つけて、、な感じで。(^^)

その間、何度私の親指がつったことか!
“あっ、つったぁ~” と叫んでも子供たちは、”つったって何~?”

子供はつったことがないんですねぇ。

やはりいつも使わない筋肉が固くなっているのですね。

運動不足にならないように体は動かすようにしていますが、やはり同じような動きばかりなので使う筋肉も片寄ってしまいます。

同じスポーツをし続けている人もやはり片寄りがあるため体が歪んでしまうことも多いです。

たまには、いつもやらない動きや部分を使ってからだのバランスを整えるといいですよね☆