正しい姿勢とは、身体の不調を軽減し、

運動パフォーマンスを発揮することが可能です。

正しくない姿勢とは、身体に不快感・痛みをもたら

します。原因は日常生活のクセや長時間の同姿勢・

バランスの悪い反復動作など。

これらの積み重ねで皮膚や筋・関節などに変形や

異常をきたし不良姿勢になってしまいます。

 

☆骨盤の傾きチェック☆

壁に背中を向けて立ち、頭・背中・お尻を壁にくっつけます。そのとき壁と腰の間に手を入れてみて手のひら一枚分くらいの隙間であれば○。もし隙間が開きすぎていると骨盤が前側に傾いている状態。手のひらが入らなかったり、途中で引っ掛かるようだと骨盤が後ろに傾いている状態。

 

⚫骨盤前傾の場合のエクササイズ

骨盤が前傾していると、、

・腹筋が弱まり腰部がかたくなっている→

腹筋の強化と腰部のストレッチ

<やり方>①腹式呼吸、、息を吐くときも吸うときも胸は動かさず、お腹を凹ましたり膨らましたりしてゆっくり呼吸をする。

②ドローイン、、おへそを背中にくっつけるようにお腹を凹まして、その状態をキープしたままゆっくり呼吸をする。

③腹筋収縮運動、、膝をたてて仰向けに寝て、お腹を凹まして(ドローイン)肩が床から離れるくらい上半身を起こしたり、戻したりする。これを繰り返す。

④仰向けでねて膝を抱えるようにして丸くなり、腰部を伸ばす。このとき尾骨は床にくっつかないように浮かせる。

 

・お尻の筋力低下と股関節がかたくなっている→

大臀筋の強化と股関節のストレッチ

<やり方>①うつ伏せになって膝を曲げて太ももを床から浮かせる(片方ずつ)。お尻の筋肉を使って太ももを持ち上げるように意識して。

②片足立て膝の姿勢をとって、そのまま両手を前の方につく。後ろに伸びている方の足の股関節がストレッチされていることを感じて。