image

自分は姿勢が悪いと自覚している人は多いです。
だから、気づくと背筋を伸ばしたり、胸を張ったり、顎を引いたりしてみます。

だけど、長くその姿勢でいることはなかなか難しく、
すぐまたいつもの楽な姿勢に戻ってしまうでしょう。

なぜならば、そっちの姿勢(良くないと思っている姿勢)の方が、
その人にとっては普通だからです。

それを無理に頑張っていわゆる”良い姿勢” にしようとすると、
他の部分に負担がかかり、痛めたり疲れたりしてしまいます。

やはり、姿勢改善は毎日少しずつ、
脳が正しい姿勢をインプットするようにしていくと確実に変わっていきます。

背骨は本来、S字に湾曲しているものです。そのたわみが衝撃や重力を吸収してくれるので、関節などへの負担が減るわけです。

それが、生活スタイルや習慣などの影響で背骨のS字がなくなってきている人が多いです。

すると、体がバランスを保とうと首や骨盤や股関節など他の部分にまで影響してきます。

そして、体のあちこちに痛みが出たり、疲れやすかったり、関節が変形してきたり。

そんなことにならないように、日常的に改善、予防していくといいですよね。

まずは背骨のS字が自然な湾曲をするように。

背中を丸めて、軽く膝を抱えて、後ろにコロンと転がり、背中の丸みを利用して元に戻るように起き上がる。
起き上がりこぼしのように。

このとき、あまり反動や腹筋に頼らず背中の丸みでコロンコロンできる方がいいです!
(最初は痛かったり固かったりなので、無理しない範囲で☆)

こうしてかた~い背骨を緩めていきます。

その他、日常的にできること。
普段座るときに、バスタオルやクッションなどを使って自然にS字ができるように工夫します。

写真のように、お尻のしたにバスタオルなどを丸めたものを敷くだけで、骨盤が立ちます。
骨盤が立つと背骨もS字になりやすいです。

やってみると分かりますが、
ただ座るよりタオルをかませる方が、背筋が楽に伸びますし、その姿勢で長くいられます。

あぐらの時はおしりの下にタオルを敷いて、足はタオルには乗せない。お尻のみが少し高くなって骨盤が立ちます。

正座のときは、
ふくらはぎと太股の間にタオルを挟むと骨盤が立ちます。

運転やパソコンをするときなどは、丸めたタオルを背もたれと背中の間に挟むととても楽です。

姿勢改善整体では、
もちろん一回目からかなり姿勢が良くなりそのままその姿勢をキープされる方もいますが、

多くの方は、完全にもとに戻ってしまう前にまた施術します。

それでも、上記のように普段から少しずつ気をつけるだけで、
戻りにくい体になっていきます。

正しい姿勢とは、体への負担が少なく、痛みや不調が出にくい状態になることです。

**出張整体**
流山市