背筋(背骨)が固くなると神経伝達が上手くいかなくなります。

動作が遅くなったり、記憶力が低下したり、痛みや痺れがでたり…

子供の背骨て柔らかい記憶ありません?柔軟な発想、怪我をしない体は背骨の柔軟性が必要なんですね。

まずは30秒!その場でできます。

1、立った状態から膝を伸ばしたまま前屈。限界(痛くない程度)まできたら大きく息を吸って吐く。可動域が自然に広がるはずです。2~3回

2、立った状態から後ろへ反りかえる(痛くない程度)限界まできたらそのまま深呼吸。2~3回

呼吸を利用したストレッチです。自然に可動域が広がるはずです。コツは痛くない程度で無理をしないように。

腰痛持ちはできる範囲から初めてみてください。

私も毎日やっています!一緒に頑張りましょうね!