どんな寝方がいいですか。
骨盤の歪まない寝方を教えてください。
と聞かれることがあります。

どんな寝方をしていますかと聞き返すと、
横向きの方が多いです。

横向きで寝ているかたは、仰向けだと腰が痛くて横向きの方が楽なようです。
あとは仰向けだと息が苦しいとか。

骨盤の歪みを考えると仰向けで寝るのがいいのですが、
デメリットとしては、
いびきや睡眠時無呼吸症候群の危険があります。

仰向け寝で腰が痛い場合は、
バスタオルを丸めて、腰のしたに入れたり、足を高くすると楽です。

横向き寝は下になる足への負担や、足がクロスする場合の骨盤の歪みが気になります。
抱き枕など利用して予防するといいです。

寝具は、
かための敷き布団に低め(高すぎない)の枕がいいのはわりとみなさんご存知ですが、
枕の素材も大切です。

睡眠中にかく汗をきちんと吸湿し発散してくれる天素材のものだと深く眠りやすいです。

寝ても疲れがとれず、枕が悪いのかなと思う方は多いですが、
枕の高さや固さ以外にも素材も見直すといいかもしれません。

また、寝返りも大切です。
自然な寝返りをすることでからだの歪み治しにもなっています。

しかし、子供に挟まれて寝ていたり、
スペースの問題で寝返りができずに朝まで同じ体勢という方もいます。

長時間同じ姿勢でいるのは良くないというのは、
起きているときも寝ているときも同じです。

寝返りがスムーズにできるスペースや寝具のかたさ、枕の高さが
質の良い睡眠に繋がります。

睡眠は健康に大きな影響を与えます。
脳の疲れは睡眠でしかとれないと言われていますし、
とにかく質の良い睡眠をとることが心身を健康的にまた、若々しくします。

**出張整体**
柏市→松戸市